文字起こしとはどんな仕事でしょうか

文字起こし

文字起こしについて

文字起こしとはどんな仕事でしょうか

講演会、座談会、会議などではその様子を録音することが多くあります。
ここで録音された人の会話、内容を文字にし、文章化することを文字起こしといいます。
音声録音されたものを文字情報化することにより、読解や取り扱いを容易にするものです。
言語記録を文章として残すことは、古代から行われていました。
ただ、会話をそのまま文章にするには、その速度についていくことが困難であり、後に17世紀に入り速記法が生み出されます。
また、欧米ではタイプライターの発明により、手で記述するより早く文字を打刻することができるようになりました。
ただ、速記法やタイプライターの操作には高度な技術が必要でもありました。
文字起こしには、いくつかの効用もあります。
一つは音声データは容量が大きく、文章化することで小さな容量で保存することができ、印刷・複製も容易になります。
また、文章化することで、視覚化され認識されやすくなるとともに、コンピュータデータとしても検索がしやすくなるなどの効用があります。